本文へスキップ

ルイワン 蜂・害虫駆除センターは、福島県内のハチ駆除を専門とする害虫駆除会社です。

年中無休 TEL. 024-923-1563
24時間受付   080-6008-3033

 福島県郡山市富久山町福原字境田50-2

研究実績(学会誌等への発表論文)

害虫と線虫に関するこれまでの研究実績

 害虫に関する発表論文


Orui,Y.(2004)Method for increasing the residual efficacy of insecticides on the cigarette beetle, Lasioderma serricorne (F.) (Coleoptera: Anobiidae) using adult settling behavior (成虫の定着行動を利用したタバコシバンムシに対する殺虫剤の残効性増進法).Applied Entomology and Zoology 39: 107-112.

大類幸夫(2005)タバコシバンムシ Lasioderma serricorne (Fabricius) に対する殺虫剤(クロルピリホスメチル)を処理した段ボールテープ剤の防除効果.日本環境動物昆虫学会誌 16: 119-123.

大類幸夫・原田晴康(2001)PCR−RFLP法による貯蔵害虫のマダラメイガ類4種の識別.日本環境動物昆虫学会誌 12: 121-129.

大類幸夫・松沢春雄・小池芳昭・吉松慎一(2000)オオタバコガとタバコガのPCR−RFLP法による識別および日本のタバコ圃場におけるオオタバコガの発生調査への応用.日本応用動物昆虫学会誌 44: 73-79.

大類幸夫(1993)タバコシバンムシの殺虫剤感受性および数種殺虫剤の殺虫特性.葉たばこ研究所報告 3:125-134.

大類幸夫・原田晴康・小泉成徳(1991)アブラムシのタバコ黄斑えそ病伝搬能力の比較.葉たばこ研究 116: 54-59.

大類幸夫・桑原雅彦・田中清(1998)ナミハダニの薬剤抵抗性.関西病虫害研究会報 30: 109.

 線虫に関する論文

Orui,Y.(2002) The effect of sonicating Pasteuria penetrans spores on their infection in root-knot nematode Meloidogyne spp. (Tylenchida: Meloidogynidae) (Pasteuria penetrans胞子の超音波処理がネコブセンチュウMeloidogyne の感染率に及ぼす影響).Applied Entomology and Zoology 37: 233-235.

Orui,Y.(2001) Promotion of spore attachment of Pasteuria penetrans to Meloidogyne spp. by a combination of sonication of spores and storage of Pasteuria penetrans (胞子の水中保存と超音波処理の組み合わせによるネコブセンチュウに対する付着性の増進.日本線虫学会誌 31: 43-45.

大類幸夫(1999)日本における主要な有害線虫の簡易同定法.植物防疫 53: 285-289.

Orui,Y.(1999)Species identification of Meloidogyne spp. (Nematoda: Meloidogynidae) in Japan by random amplified polymorphic DNA (RAPD-PCR) (日本産ネコブセンチュウ RAPD-PCR法による種の識別).日本線虫学会誌 29: 7-15.

Orui,Y. and Ozawa,H.(1999) Identification of three major <i>Meloidogyne species by stained spores of host-specific Pasteuria penetrans isolates (寄主特異的な Pasteuria penetransの染色胞子による主要日本産ネコブセンチュウ3種の同定法).Applied Entomology and Zoology 34: 195-293.

大類幸夫・水久保隆之(1999) 東日本のタバコ畑におけるネグサレセンチュウの地理的分布.日本応用動物昆虫学会誌 43: 75-79.

大類幸夫・水久保隆之(1999) 関東地方の作物圃場におけるネグサレセンチュウの種構成ならびにミナミネグサレセンチュウとその形態的類似種の分布境界.日本線虫学会誌 29: 1-6.

大類幸夫(1998) 日本産主要有害線虫の簡易同定法.ブレインテクノニュース 65:14-17.

Orui,Y.(1998) Identification of Japanese species of the genus Meloidogyne (Nematoda: Meloidogynidae) by PCR-RFLP analysis (PCR-RFLP法による日本産ネコブセンチュウの同定).Applied Entomology and Zoology 33: 43-51.

Orui,Y.(1997 )Effect of spore sonication on attachment and host-attachment range of Pasteuria penetrans to the root-knot nematode (Pasteuria penetrans 胞子の超音波処理がネコブセンチュウへの付着性と付着特異性に及ぼす影響).Applied Entomology and Zoology 32: 101-107.      

大類幸夫(1997) ジャガイモシストセンチュウおよび Heterodera属シストセンチュウ4種PCR−RFLP解析による識別.日本線虫学会誌 27: 67-75.

大類幸夫(1997) ネコブセンチュウの種の判定技術と日本のタバコ畑における地理的分布.葉たばこ研究132:70-78.

Orui,Y., Nishi,T. and Matsuzawa,H.(1996) Geographical distribution of Meloidogyne species (Nematoda:Tylenchida) in tobacco fields of Japan (日本のタバコ畑におけるネコブセンチュウの地理的分布).Applied Entomology and Zoology 31: 225-231.

Orui,Y.(1996) Discrimination of the main Pratylenchus species Nematoda: Pratylenchidae in Japan by PCR-RFLP analysis (PCR-RFLP法による日本産ネグサレセンチュウ主要種の識別).Applied Entomology and Zoology 31: 505-514.

大類幸夫・奈良部孝・大島康臣(1992) 有害線虫天敵微生物の分布と病原活性.葉たばこ研究 120: 50-58.





バナースペース

ルイワン 蜂・害虫駆除センター

スズメバチ駆除・蜂駆除の専門家 農学博士 大類幸夫
私がスズメバチ・蜂を駆除します
 代表 農学博士 大類幸夫
〒963-8061
福島県
郡山市富久山町福原字境田50-2

TEL 024-923-1563
携帯 080-6008-3033
FAX 024-905-6416
年中無休、24時間受付け

スズメバチ・蜂駆除の対応地域


【福島県中通り】

郡山市,福島市,二本松市,本宮市,須賀川市,田村市,白河市,伊達市,桑折町,国見町,川俣町,大玉村,三春町,小野町,鏡石町,天栄村,石川町,玉川村,平田村,浅川町,古殿町,西郷村,泉崎村,中島村,矢吹町,棚倉町,矢祭町,塙町,鮫川村


【福島県会津】

会津若松市,磐梯町,喜多方市,湯川村,会津坂下町 ,柳津町,会津美里町,猪苗代町 ,北塩原村


【福島県浜通り】

いわき市



ゴキブリ駆除のホームページ