本文へスキップ

ルイワン 蜂・害虫駆除センターは、福島県内のハチ駆除を専門とする害虫駆除会社です。

年中無休 TEL. 024-923-1563
24時間受付   080-6008-3033

 福島県郡山市富久山町福原字境田50-2

スズメバチ・蜂に刺された被害の現場

スズメバチやアシナガバチ、ミツバチに刺される事例は多いです。蜂に刺された現場とはどんなところなのか紹介することによって蜂に刺されないためのヒントとなればと思います。

福島県内でハチに刺される被害は、キイロスズメバチがダントツで次いでコガタスズメバチと続きます。ハチに刺された現場は、ハチの特性がよく出ている被害状況になっています。そこで、ハチの種類ごとに「キイロスズメバチ」「コガタスズメバチ」「オオスズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」の順番で被害現場を紹介しています。そして、最後に「ハチに刺された被害現場からの教訓」としてまとめてみました。


キイロスズメバチに刺された被害現場の事例


草刈り作業中にスズメバチに襲われて刺される(福島県西白河郡)

2009年8月上旬に道路とスギ林の間に繁茂した雑草を何事もなく草刈り機で刈っていました。スギの枝葉を堆積したところに繁茂した雑草を刈ろうとした瞬間、スズメバチに襲われて足を刺されてしまいました。

スズメバチの巣は雑草で覆われていて全く見えませんでした。観察しているとスズメバチは特定の場所に集中して頻繁に雑草をくぐり抜けて潜ってゆきます。防護服に着替えて雑草、堆積したスギ枝をどけるとスズメバチの巣が出てきました。土中の狭い空間にスズメバチの巣が窮屈そうにありました。

スズメバチの種類はキイロスズメバチです。土中のスズメバチの巣は、窮屈になってきたので、巣の引っ越しをしている最中でした。
スズメバチに草刈り中に刺された現場スズメバチに草刈り中に刺された現場
スズメバチに草刈り中に刺された現場スズメバチに草刈り中に刺された現場

スズメバチにいきなり襲われた草刈り中の刺傷事故

道路わきの草刈り中にキイロスズメバチ襲われ刺されてしまった現場です(左上写真)。スギの枝葉が堆積した草やぶの土中からスズメバチが出入りしていますが、巣はみえません(右上写真)。スズメバチが出入りしているところの草や枝葉をどけてみると、土の中にスッポリと埋まったような巣が見つかりました(左下写真)。窮屈そうに土の中に埋まっていた巣を掘り出しました(右下写真)。


草刈り中にスズメバチに刺される事故は多発しており、スズメバチに注意する必要がある作業です。スズメバチの巣が土の中にあった場合の草刈り中の事故が多く、土の中に巣を作る習性のあるキイロスズメバチによる事故がほとんどはです。

キイロスズメバチは7〜8月にかけて土の中で巣が大きくなって窮屈になってくると建物の軒下などに引っ越しをする習性があります。そのため、キイロスズメバチの土中の巣が引っ越しが完了するまでは草刈りなどの作業を行う場合、注意が必要な期間となります。

スズメバチの巣が見えなくとも巣があれば出入りが激しく、よく観察すれば巣があることが推定できた事例だったと思われます。やはり、草刈りを行う前に草刈り領域全体を下見してから草刈り作業を行うことです。


橋の下にある蜂の巣を橋の上から燃やそうとしたら・・・(福島県田村郡)

2008年9月中旬に橋のちょうど中央に作ったキイロスズメバチの巣を駆除しようと、近所の方が橋の上から手を伸ばし、スズメバチの巣を火で燃やそうとして刺されてしまいました。
スズメバチを駆除しようとして刺された現場スズメバチを駆除しようとして刺された現場

橋に作ったスズメバチの巣を火炎で駆除しようとして刺されてしまった。

橋のまん中という駆除しにくい場所に作ったキイロスズメバチの巣(左写真)。この巣の大きさは直径14cm、巣盤は4段と小ぶりでしたが、羽化まじかの蛹がギッシリと詰まっていました(右写真)。

スズメバチは、巣を刺激して一度おこらせると、スズメバチたちが興奮状態で巣穴から次々と飛び出してきて、付近にいるひとたちも刺されてしまう危険性が高くなります。スズメバチの駆除作業は防護を完璧にした上で、確実に駆除できる方法を考えてから駆除作業をしないとたいへんなことになります。


壁の中への出入口を塞いでスズメバチを駆除しようとしたら!(郡山市)

2010年9月下旬、スズメバチが玄関近くの2階のベランダ壁配管穴の隙間から盛んに出入りしていました。
スズメバチを退治しようと、3回ほど殺虫剤をスプレーしました。そして、段ボールで出入り口をふさぐ作業をしているとき、スズメバチに刺されてしまいました。その後、出入り口をふさいだため、換気扇を通ってスズメバチが家の中に侵入してきました。

配管の穴をふさごうとした段ボールにスズメバチがベッタリとくっついていました。外出から戻ってきたスズメバチが巣の中に入れずいたもようです。スズメバチの種類はキイロスズメバチです。


スズメバチを駆除する方法として、出入り口をふさいで兵糧攻めするという発想で駆除をする方がけっこう多いです。うまくゆくときもあるでしょうが、いたずらにスズメバチの出入り口をふさいでしまえば、スズメバチは別の出入り口を探すようになります。

スズメバチがいつも使っている出入り口をふさがれれば、暗闇に差し込む光が入ってくる部分が新しい出入り口になります。それが、この事例のように家の中だったりします。

郡山市で壁から出入りするスズメバチを駆除しようとして刺された現場郡山市で壁から出入りするスズメバチを駆除しようとして刺された現場
郡山市で壁から出入りするスズメバチを駆除しようとして刺された現場郡山市で壁から出入りするスズメバチを駆除しようとして刺された現場

壁の中のスズメバチの巣を封じ込めようとしたら刺されてしまった!

スズメバチの出入り口となっている壁配管の穴を段ボールでふさいでいます(左上写真)。スズメバチが壁配管の穴をふさいだ段ボールにベッタリくっついています(右上写真)。段ボールをはずした時のスズメバチが出入りする配管の穴の状況(左下写真)。スズメバチの巣は壁の奥の方の隅にありました(右下写真)。

スズメバチの出入り口をふさいでしまえば、とんでもない所が次の出入り口となってしまう可能性があって、とても危険です。また、この事例のように、巣から出ようとするスズメバチと巣に入ろうとするスズメバチが交差する出入り口をふさぐ作業は、スズメバチに刺される危険性が極めて高いです。

キイロスズメバチはスズメバチの中では小さいので、簡単に駆除できると思う人が多いようです。そのため、キイロスズメバチの駆除を試みて刺される事例が多いです。暴れん坊のキイロスズメバチを甘くみると痛い目にあいます。


スズメバチの巣がある壁の真下を通り抜けようとして・・・(田村市)

スズメバチの巣は平屋の軒下付近の壁の中にありました。2011年10月中旬、スズメバチに頭を刺されて病院に行っています。また、ガス屋さんがプロパンを運ぼうと、巣がある壁の下を走り抜ける時に刺され、さらに戻るときにも刺されてしまいました。

スズメバチの巣に近づくと、勢いよく壁の隙間からゾロゾロとスズメバチが警戒して出てきます。スズメバチたちはかなり神経質になっていました。スズメバチの種類はキイロスズメバチです。
田村市で壁間に作ったスズメバチの巣の真下を通り抜けようとして刺された現場田村市で壁間に作ったスズメバチの巣の真下を通り抜けようとして刺された現場
田村市で壁間に作ったスズメバチの巣の真下を通り抜けようとして刺された現場田村市で壁間に作ったスズメバチの巣の真下を通り抜けようとして刺された現場

キイロスズメバチの巣がある壁の真下を通り抜けようとして刺された現場

スズメバチの巣は軒下付近の壁の中にありました(左上写真)。スズメバチが軒下付近の壁の隙間から盛んに出入りしています(右上写真)。壁間のスズメバチの巣は壁間いっぱいに大きくなっていました(左下写真)。壁間の形状に合わせて作られた巣は巣盤が7段もありました(右下写真)。

10月ともなるとキイロスズメバチの巣も大きくなってスズメバチの警戒領域も広がっています。この警戒領域に入ってスズメバチの巣に近づくと、巣からスズメバチがゾロゾロ出てきて攻撃態勢を取ります。

そのように大きくなったスズメバチの巣が真上にあるにもかかわらず、「ちょこっとだから」と通り抜けようとして刺されてしま事故は多いです。「ちょこっとだから」が危ないのです。スズメバチの警戒領域にぢン入試、さらに巣がある近くを走り抜けようとする動きにスズメバチが敏感に反応して襲うのです。

生活圏内で利用することが必要不可欠な場所に作ったスズメバチの巣は、駆除しなかったら、大きくなるだけ危険性がが増すだけです。このような場所にスズメバチが巣を作っていることがわかったら直ちに駆除することが原則です。


オオスズメバチがスズメバチの巣を襲ってる近くを通って (福島県西白河郡)

2009年9月下旬に「ミツバチが真っ黒くなるほど壁や柱に群がって怖いので見てください」との依頼を受け現場に急行しました。ところが、そこにいたハチはミツバチではなく、キイロスズメバチでした。

平屋建て住居の風呂場の天井裏にキイロスズメバチが巣を作っており、壁にあいた大きな穴がスズメバチたちの巣への出入口になっていました。たくさんのスズメバチが壁の出入り口を中心にして壁と柱に真っ黒になるほど群がっていました。

何がおこっているかと観察しているとオオスズメバチが飛来する姿を見つけました。オオスズメバチが近づくとキイロスズメバチたちが一斉に羽根をふるわせながら威嚇するように活発に動き回っていました

この現場の下に狭い通り道があり、ここを通り抜けようとした人がキイロスズメバチに襲われて刺されてしまったそうです。
オオスズメバチがスズメバチの巣を襲っているときに巣に近づき刺された現場オオスズメバチがスズメバチの巣を襲っているときに巣に近づき刺された現場

キイロスズメバチが巣をねらうオオスズメバチに対して臨戦態勢で大騒ぎ

軒下の白壁に空いた穴の向こう側にキイロスズメバチの巣がありました(左写真)。オオスズメバチ(矢印)が巣への出入り口になっている壁の穴に近づくと、キイロスズメバチたちが壁の穴からゾクゾク出てきて臨戦態勢をとっていました(右写真)。 
  
キイロスズメバチの巣がオオスズメバチに襲われているところに近づくのは極めて危険です。臨戦態勢で興奮状態のキイロスズメバチは巣内からゾロゾロ出てきて、落ち着きなく激しく動き回っています。秋になると、ときどき見かけるシーンです。キイロスズメバチの巣の幼虫や蛹を餌にしようとオオスズメバチが狙っていたのです。

スズメバチの巣はいたずらしなければ放置していても大丈夫と言う方は多いです。ところが、人が見ていない自然の裏舞台でスズメバチたちの戦いが繰り広げられている場合があります。生活圏内にいるスズメバチの巣の駆除は、巣を発見しだい駆除するのが原則と思われます。

スズメバチに刺されたくなかったら、このような現場に近寄ってもいけないし、ましてや、その下を通り抜けようとするのは問題外です。


この付近の道路を通った人が何人も蜂に刺されています!(福島県西白河郡)

道路のすぐわきに枝払いしたスギの枝葉が積み重ねられた場所があり、そこ中からわき出るようにスズメバチが出入りしています。スズメバチは道路を低空飛行でひっきりなしに飛び回っていました。この道路を通った人が何人もスズメバチに刺されたとのことです。2010年10月上旬のことです。

積み重ねられた枝葉の間にできた空間にスズメバチが巣を作っていました。巣から10mほど離れていてもスズメバチが飛んでくるような勢いでした。スズメバチの種類はキイロスズメバチです。

駆除をしていると、巣の付近から1mほどの鉄筋棒や石ころが出てきました。誰かがいたづらをしていたようです。このいたづら、スズメバチの巣も大きくなった危険な時期、通行人が通る道路近くの巣という3つの要因が重なってスズメバチに刺された方が続出したようです。
道路わきの土中に巣があるスズメバチに通行人が刺された現場道路わきの土中に巣があるスズメバチに通行人が刺された現場
道路わきの土中に巣があるスズメバチに通行人が刺された現場道路わきの土中に巣があるスズメバチに通行人が刺された現場

たくさんの人を刺した道路のすぐわきにあったキイロスズメバチの巣

スズメバチの巣は枝葉が堆積した小山の中に(左上写真)。スズメバチの巣の一部が小山の奥の方に見えます(右上写真)。スズメバチの巣は枝葉をとり除くと出てきました(左下写真)。キイロスズメバチの巣は直径 26cm 、巣盤6段もある大きな巣でした(右下写真)。

キイロスズメバチが作った巣の位置が低いところにあり、人がよく行き来するような場所をスズメバチが低空で飛行しているような場面では、人との遭遇率は高いので、極めて危険な状況になります。このような場所にキイロスズメバチの巣があると確信したら、ためらうことなく早急に駆除することです。巣が大きくなるほど危険度が高まるばかりです。


コガタスズメバチに刺された被害現場の事例


うっそうと茂った庭木をせん定していた時、いきなりハチが!(郡山市)

2009年8月下旬に脚立に上って庭のツバキをせん定していました。ところが、いきなりスズメバチが襲ってきて、あわてて逃げたのですが、刺されてしまいました。ツバキの樹内に作ったコガタスズメバチの巣は、枝葉にスッポリと隠れて見えにくい上に、スズメバチの出入りも枝葉が邪魔をして見つけにくい状況でした。。
郡山市で樹木のせん定中にスズメバチに刺された現場郡山市で樹木のせん定中にスズメバチに刺された現場

庭木をせん定していたら襲ってきたスズメバチの巣

ツバキ樹内の中にコガタスズメバチの巣がありますが、どこに巣があるかわかりますか(左写真)。このコガタスズメバチの巣の巣盤は2段で、卵・幼虫・蛹がいっぱい詰まっていました(右写真)。

せん定作業中にコガタスズメバチに刺される事故はけっこう多いです。コガタスズメバチの巣にソーッと近づけば、かなり近くまで何事もなく近づくことができます。ところが巣がある枝葉を揺するなどの刺激が巣に伝わると巣穴からゾロゾロとスズメバチが出てきて攻撃態勢に入ります。

せん定作業が何事もなく進んでドンドンとスズメバチの巣に近づき、巣がある枝葉をせん定しようとした瞬間、その刺激が巣に伝わり、スズメバチにいきなり襲われてしまう。スズメバチの巣に近づきすぎていることや、予期しないことがいきなり起こることが重なって逃げ遅れる結果、スズメバチに刺されてしまうということだと思われます。

庭木をせん定する場合は、せん定作業を始める前にスズメバチが庭木の繁茂する枝葉の中に潜り込む様子がないかを観察する必要があります。スズメバチの巣が大きくなればなるほど頻繁に出入りするようになるので、巣の発見は容易です。

また、このように巣を見つけにくい場合もあるので、万が一のことを考えて長袖、ズボン、帽子、軍手といういでたちでせん定作業した方が安全です。


腰をおろして花壇の草むしりして、立った瞬間に蜂に襲われる(郡山市)

2009年9月上旬、朝早くから趣味である花壇の草むしりを腰をおろしてしていました。立ち上がって振り返ろうとしたとき、庭木の1mくらいの高さに作っていたコガタスズメバチの巣に腰が触れてしまったようです。

その刺激で巣から出てきたコガタスズメバチたちに家の中まで追いかけられて、十か所ほど刺されてしまいました。コガタスズメバチの巣は繁茂した枝葉で見えにくく、巣の位置も低いところにありました。
郡山市で樹木のスズメバチの巣に気づかずに刺された現場郡山市で樹木のスズメバチの巣に気づかずに刺された現場

花壇の草むしり中に巣を刺激してしまい、追いかけてきたコガタスズメバチ

スズメバチの巣があることに気づかずに庭の草むしりをしているとき、巣に体が直接触れてしまい襲われて刺されてしまった現場(左写真)。このスズメバチの巣は直径16cm、巣盤が3段でした(右写真)。

9月にもなるとスズメバチの巣も大きくなって目立ちますので、みつけるのも容易です。スズメバチが気になるほど往来するようであれば、蜂の巣があるかもしれないと疑って、周辺を見まわることが大事です。



オオスズメバチに刺された被害現場の事例


土手の草刈り中にオオスズメバチに刺されてしまった!!(福島市)

2010年9月中旬、家の近くにある土手の草刈りをしているときにオオスズメバチに刺されてしまいました。その土手には伐採木がたくさん積み重ねられていました。この積み重ねられた伐採木の隙間にぬうようにスズメバチたちは出入りしています。

飛びかう頻度は、ブンブンというよりはパラリパラリという程度でした。この伐採木の下にある土中にオオスズメバチの巣がありました。

オオスズメバチは土手の土中に巣をよく作ります。土手に伐採木があれば、さらにオオスズメバチに巣が作られる可能性は高まります。刺された現場はまさしくオオスズメバチが喜んで巣を作りたくなるような場所でした。
福島市でオオスズメバチに土手の草刈り中に刺される福島市でオオスズメバチに土手の草刈り中に刺される
福島市でオオスズメバチに土手の草刈り中に刺される福島市でオオスズメバチに土手の草刈り中に刺される

伐採木が積み重なる土手の草刈り中にオオスズメバチに刺される

スズメバチの巣は土手の伐採木を積み重ねたところにあり(左上写真)、スズメバチは積み重ねた伐採木の隙間から出入りしていました(右上写真)。伐採木を1本1本どけてゆき、やっと巣を発見し(左下写真)、掘り出したスズメバチの巣の巣盤は4段ありました(右下写真)。

オオスズメバチは土手や伐採木が積み重ねた場所に好んで巣を作ります。このような場所は特にスズメバチの出入りがないかの点検ポイントになります。

スズメバチの巣が見えなくとも巣があれば出入りが必ずあります。よく観察すれば巣があることが推定できた事例だったと思われます。やはり、スズメバチに刺されないようにするためには、草刈りを行う前に草刈り領域全体を下見してから草刈り作業を行うことです。



アシナガバチに刺された被害現場の事例


洗濯物をハンガーに吊るし、窓を開けて干そうとしたら蜂に?(郡山市)

2012年 7月下旬、洗濯物を干しているときにアシナガバチに刺されてしまいました。ところが、アシナガバチ刺されたけれど、どこに巣があるかあるかわかりませんでした。アシナガバチの巣は小さいので、どこに巣を作っているか見つけにくいです。

現場でアシナガバチが窓枠に作った巣を洗濯物を干すハンガーを押しつけていました。このことが、アシナガバチの攻撃を受ける原因になりました。アシナガバチは、スズメバチよりはおとなしく、巣の近くまで近寄ることができます。ただ、この事例のような刺激を加えると、巣にいたアシナガバチたちが放射線状に散らばって一斉に攻撃してきます。

アシナガバチの種類は「コアシナガバチ」です。どこにでもいる茶色っぽい小さなアシナガバチです。
郡山市アシナガバチに洗濯物を干しているときに刺された現場郡山市でアシナガバチに洗濯物を干しているときに刺された現場

窓を開けて洗濯物を干そうとしたハンガーが押し付けてるアシナガバチの巣

窓枠に作ったアシナガバチの巣を洗濯物を干そうとしたハンガーがアシナガバチの巣を押しつけています。この刺激がアシナガバチから攻撃を受ける原因となったようです。右の写真はアシナガバチたちが一斉に前かがみのような姿勢でこちらをにらめつけ、威嚇しています。アシナガバチの巣にかなり近くまで近寄ったときにとるポーズです。

アシナガバチに刺される事故は、巣があることに気づかないで巣を刺激してしまって引き起こされることがほとんどです。

アシナガバチが気になるほど往来するようであれば、蜂の巣があるかもしれないと疑って、周辺を見まわることが大事です。少なくとも頻繁に利用する生活圏内にいるアシナガバチの巣は注意が必要です。


洗濯機の真上に巣を作ったアシナガバチに洗濯中に襲われる!(福島市)

2010年7月中旬、洗濯機の真上にあった電気メーターの側面に巣を作っていたアシナガバチに耳を刺されてしまいました。ここにアシナガバチが巣を作っていたことは以前から知っていました。ところが、いままで襲われることがなかったのですが、洗濯していた時にいきなり襲ってきて刺されてしまいました。

洗濯機に洗濯物を出し入れしているときに、洗濯物が気づかないうちにアシナガバチの巣に触れてしまったか、飛んでいるアシナガバチを刺激してしまったことが原因と思われます。
アシナガバチの種類は「キアシナガバチ」でした。どこにでもいるアシナガバチです。
福島市でアシナガバチに洗濯中に刺された現場福島市でアシナガバチに洗濯中に刺された現場

洗濯中にいきなり襲ってきた洗濯機の真上にあったアシナガバチの巣

洗濯機の真上にある電気メーターの側面にアシナガバチが巣を作っています。洗濯しているとき、気づかないうちにこのアシナガバチの巣を刺激してしまったようで襲われてしまいました。

この事例のように頻繁に利用するような生活空間にアシナガバチが巣を作っていたら、巣を発見したら直ちに駆除することです。


アシナガバチに3回も刺されてしまった現場(郡山市)

2011年8月中旬、庭の畑にあるブルーベリーを取ろうとしたときに蜂に頬を刺されてしまい、通算3回も蜂に刺されてしまいました。1週間前には蜂に腕を刺されて病院に行きました。茶色っぽい小さな蜂だとは分かっているのですが、どこに巣があるかわかりません。

アシナガバチの巣は庭の畑の枯れ木に作っていたのですが、巣が枯れ木とほぼ同じ色合いだったので見つけにくかったです。このようにアシナガバチの巣と巣を作った場所が同じ色合いであると、どこに巣があるかわかりません。そのため、まさかアシナガバチの巣があるとは思わず、知らないうちに巣を刺激してしまい刺される事例が多いです。

この茶色っぽくて小さい蜂の正体は「コアシナガバチ」という種類のアシナガバチでした。このコアシナガバチは、どこにでもいて、このハチに刺される被害も多いです。
郡山市で庭の枯れ木に巣を作ったアシナガバチに刺された現場郡山市で庭の枯れ木に巣を作ったアシナガバチに刺された現場
郡山市で庭の枯れ木に巣を作ったアシナガバチに刺された現場郡山市で庭の枯れ木に巣を作ったアシナガバチに刺された現場

見アシナガバチに3回も刺された現場と刺された傷跡

アシナガバチに3回も刺された庭の畑ですが、どこに巣があるかわかりにくいです(左上写真)。庭の畑に枯れ木があるのですが、アシナガバチの巣とほぼ同色なので、苦労してやっと見つけました(右上写真)。アシナガバチに刺されたばかりの頬です(左下写真)。1週間前にアシナガバチに刺された手の甲です(右上写真)。

枯れ木に作ったアシナガバチの巣は色が枯れ木に同調することがあるので、意外と見つけにくいです。また、アシナガバチの巣が枝葉に隠れたところに作られて見えにくいことがよくあります。このようなところに作られたアシナガバチの巣を気づかないうちに刺激してしまい刺されてしまうケースもけっこう多いです。

ハチがいやに飛んでいるなぁと思ったら、ハチがどこに飛んで行くかを突き止めて、巣がある場所を把握した方がいいです。今回の事例のように巣そのものが見つかりにくいことがあるので、飛び回るハチを追いかける方が巣を見つけやすいです。


ミツバチに刺された被害現場の事例


危ないと思ってミツバチの集団をホウキで追い払ったら・・・(福島県田村郡)

2010年5月中旬、ミツバチの分蜂群が通学路になっている神社の灯篭の傘の部分に蜂球を作っていました。このミツバチの蜂球を追い払うため、近くに住んでいる町内会長さんが「通学路になっているので危ない」とマスクと帽子という軽装備でミツバチを追い払うことをホウキで決行。驚いたミツバチたちに襲われて顔や首などを刺されてしまいました。ミツバチの種類はニホンミツバチです。
ミツバチの分蜂群の蜂球を追い払おうとして刺された現場ミツバチの分蜂群の蜂球を追い払おうとして刺された現場

ミツバチの分蜂群が灯篭の傘の部分に蜂球を作り、新居が決まるまで待機中

ミツバチ分蜂群の蜂球をホウキで追い払おうとしたため、驚いたミツバチたちに襲われて刺されてしまった現場(左写真)。灯篭の傘に作ったミツバチの蜂球は直径20cm、3日間滞在後に新居へ移動しました(右写真)。

福島県では5月頃にニホンミツバチの分蜂が行われることが多いようです。新居が見つかるまで、この現場のように一時的に蜂球を作って2〜3日くらい同一場所に滞在する場合があります。 ニホンミツバチの蜂球は刺激しないように放置していれば、2〜3日後には新居に移動してゆきます。

ミツバチの習性を知らなければ、ミツバチたちだけが集まった大きな塊があってブンブン飛び回る光景は恐怖感を呼び起こします。しかし、ニホンミツバチは刺激しない限り、襲ってきて刺すことはありません。
ニホンミツバチの習性を理解していれば、危険を感じることもなく刺されずに済んだ刺傷事例です。

(注)「分蜂」、「蜂球」とは・・・
新たな女王蜂が誕生したミツバチの巣では、古い女王蜂は働き蜂たちの一部を引き連れて巣を出てゆきます。そして、気に入った場所が見つかると新しい巣を作ります。これがミツバチの「分蜂」です。新しい巣を作る場所を探している際、女王蜂を護って働き蜂が塊のようになる「蜂球」を作ります



ハチに刺された被害現場からの教訓

ハチに刺された被害現場からハチの被害にあわない教訓を導くと以下のようにまとめられそうです。

蜂の巣があるところは要注意
ハチは巣を守ろうとする防衛本能で人を刺すことが多く、蜂の巣があるところでは注意が必要である。近くに巣がないところでハチに刺されることは少ない。ただし、オオスズメバチは例外で餌場でなわばりを作る習性があって、巣が近くになくても餌場に近づくと襲う危険性がある。

ハチの巣を探すこと
「いやにハチが飛んでいるなぁ〜」と思ったら、蜂の巣があるのではと疑い、庭木、軒下などを中心に見まわって蜂の巣がないか探すこと。飛んでいるハチの行き着く場所に巣がある場合が多いです。

庭木の手入れや草刈りなどの作業前にハチの巣がないことを確認すること
ハチに刺されることが最も多いのは、ハチの巣があることに気づかず剪定や草刈りをした場合です。蜂の巣が枝葉や雑草にに隠れて見えにくいことが原因です。そのため、せん定や草刈り作業前に作業領域にハチの出入りが激しい場所、あるいは巣がないことを下見して確認することです。

ハチの巣は、危険な場所に作られたと思ったら早めに駆除すること
日常生活でよく出入りする玄関や車庫、あるいは低空飛行で飛び回る低い位置にハチの巣がある場合は、人との遭遇率が高くなり、巣が大きくなるほど危険になります。このような危険な場所にハチの巣を発見したら、直ちに駆除依頼するなど早めに駆除することです。

スズメバチによる刺傷被害が多発する 8〜10月は、最も危険な時期です。
この時期になると営巣規模も大きくなり巣を防衛する本能が高くなっています。一方、オオスズメバチは餌となる大型昆虫が少なくなり他の種類のスズメバチの巣を襲撃するようになります。人がいたずらしなくてもオオスズメバチの襲撃に対して他のスズメバチは警戒態勢に入っており,警戒領域が広くなっています。今まで巣に近づいても大丈夫だった距離でもこの時期になると攻撃してくるようになります。この時期は特にキイロスズメバチの巣は極めて危険です。

ハチの巣を刺激しないこと、刺激されて興奮状態になった巣に近づかないこと
ハチの巣を見つけたら巣を刺激しないこと。たくさんのハチが集中して群がり「興奮している」と感じたら巣には近づかないこと。

蜂の種類ごとの習性を知って対処すること
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの習性は、かなり違います。その習性の違いを知って対処することが肝要です。また、スズメバチといってもオオスズメバチ、キイロスズメバチ、コガタスズメバチはそれぞれ性格・習性に大きな違いがあります。

キイロスズメバチとオオスズメバチの駆除は特にスズメバチ駆除の専門家に任せた方がベター
キイロスズメバチとオオスズメバチの駆除作業は防護を完璧にした上で、周囲にも配慮した安全かつ確実に駆除できる方法を考えてから駆除作業をしないと周辺を巻き込むたいへんなことになります。特に凶暴性があり、数も多いキイロスズメバチとオオスズメバチは駆除が難しいので、たいへんなことになる前に難しい駆除はスズメバチ駆除の専門家にまかせた方がベターです




バナースペース

ルイワン 蜂・害虫駆除センター

スズメバチ駆除・蜂駆除の専門家 農学博士 大類幸夫
私がスズメバチ・蜂を駆除します
 代表 農学博士 大類幸夫
〒963-8061
福島県
郡山市富久山町福原字境田50-2

TEL 024-923-1563
携帯 080-6008-3033
FAX 024-905-6416
年中無休、24時間受付け

スズメバチ・蜂駆除の対応地域


【福島県中通り】

郡山市,福島市,二本松市,本宮市,須賀川市,田村市,白河市,伊達市,桑折町,国見町,川俣町,大玉村,三春町,小野町,鏡石町,天栄村,石川町,玉川村,平田村,浅川町,古殿町,西郷村,泉崎村,中島村,矢吹町,棚倉町,矢祭町,塙町,鮫川村


【福島県会津】

会津若松市,磐梯町,喜多方市,湯川村,会津坂下町 ,柳津町,会津美里町,猪苗代町 ,北塩原村


【福島県浜通り】

いわき市



ゴキブリ駆除のホームページ